Menu
  • 2013.08.28

    口腔カンジダ症とは・・・?

    こんにちは!!新井歯科受付の相京です!

    今日は口腔カンジダ症についてお話をさせていただきます。

    皆様口腔カンジダ症とはどんな病気かご存知でしょうか?

    口腔カンジダ症は口腔内に常在するカンジダ菌という真菌が異常繁殖して

    起こる病気です。粘膜に白苔や紅班を起こします。自覚症状はヒリヒリしたり、味が変わったり

    しますが、自覚症状が出ない事も多いので見落とされやすい病気です。

    放置すると誤嚥や血中移行を通して内蔵真菌症などへの重篤な病気の入口となります。

    どんな人が口腔カンジダ症になりやすいのか?

    以前は、白血病患者やHIVなどの特別な病気を持つ人だけがかかる病気であるという認識が

    一般的でした。

    しかし、高齢化や医学の進歩により、特別な病気でなくても体力低下がみられる場合や高齢者に

    口腔カンジダ症が増加しているといわれています。特に脳卒中を罹患し、寝たきりのお年寄り

    等では高頻度でカンジダ菌の検出がされるという報告もあります(ノ_・。)

    寝たきりのお年寄りで、食事の経口摂取がされていない場合や口腔ケアが充分されていない

    場合は、口腔カンジダ発症の危険が高まると言えるでしょう。

    ではどのようにして口腔カンジダ症を防ぐのか?

    口腔カンジダ症は抵抗力が体力が低下した場合にかかりやすい病気ですので、そのような

    患者さんでは特に口腔ケアに対する注意が必要です!!

    また、唾液分泌が低下した方にも多く見受けられますので唾液分泌を促すケアや口腔内を

    湿った状態に保つケアが必要になります!

    唾液分泌をどうやって増やすか?

    例えばレモン水を使った口腔清掃や唾液腺マッサージがとっても有効です☆

    口腔内の保湿には、市販の口腔内保湿ジェルなどを利用するといいでしょう(*^ー^)ノ

新井歯科

〒133-0052 東京都江戸川区東小岩1-4-4
完全予約制 03-5668-8140

★初診受付・・・午前12:15まで / 午後18:15まで(土曜日16:45)

★土曜日の診療は17:30まで ★休診日は木・日・祝

診療時間
9:30〜13:00 × ×
14:30〜19:00 × ×
page top
page top
Copyright(c) 小岩の歯医者なら新井歯科 All rights reserved.