Menu
  • 2018.09.10

    神経を取ったら。。。

    こんにちは、新井歯科 平です。
    この度は、北海道地震ならび西日本での各地の豪雨被害。
    本当になんという言葉で表現すればいいかがわからないですが。
    今後もまだまだ大変な日々が続くかとは思いますが
    1日でも早い復興を心より願ってます。

    話はガラリと変わってしまいますが先日、私の友人より虫歯に関する質問がメールで来ました。
    内容としますと「虫歯が進行してしまい、神経を取ることになった。
    神経を取ったら、もう絶対に痛くならないのか?」との事でした。

    私も誤った事を伝えたくはなくて、再度院内のスタッフに確認しました。
    答えとすると「絶対痛くならないということはないそうです」
    (※ただし、痛みの感じ方や症状の出方も人それぞれのために
    神経を取った歯ですと痛みに気づきにくいと言ったことはあるそうです。)
    全員が全員というわけではないかと思いますが痛みが再度出てしまう理由の一つに、
    歯の中で細菌が再度増殖していき、その後歯の根の先いわゆる骨の中で膿を作ってしまうからとの事です。

    そうなってくると必要な治療は根の治療といわれる根管治療が必要なのです。
    (根管治療の流れはこちらのページにも記載があります)
    根の治療は1、2回で終わるのではく根気のいる、回数のかかる治療です。
    理由としますと根管治療の目的は、歯の根の中に入ってしまった細菌を綺麗に取り除き、歯の中で再び細菌が増殖しないようにして
    歯の根の先で炎症(膿がたまる等)が起こらないようにする為です。
    ですので、スピードよりも質だと私は思っております。
    理想はきちんと先ほどお伝えした通りに根の中を綺麗にすることが大切です。
    そのためには、根管治療中に歯の中の細菌を取り残してしまったり、歯の外から中へ細菌を入れてしまったりすることがないように、
    より精度の高い治療をご希望ですとマイクロスコープを使用した治療を受けることが望ましいのです。
    通常の保険診療内の治療での見える範囲との比較は格段と言われております
    (マイクロスコープに関してはこちらに見えかたが乗っております)
    良い被せ物をするとさらに効果的です

    質の高い根管治療を受けたとして、被せ物と歯との間に隙間がある質の悪い被せ物をセットすると、経年劣化もありますが
    歯と被せ物との間から細菌が侵入し、歯の中で再度細菌が増殖、歯の根の先で膿を作り痛みが出てしまうことがあります。。
    逆に質の高い根管治療を受ける事と、質の高い被せ物をご選択いただきセットして頂く事が、神経を抜いた歯で再度痛みが出ないようにする
    最高の予防法とも言われています。
    もちろん、そこでお終いで定期検診来なくなってしまうとその方の口腔内の状況や、糖分摂取量、あるいは磨きかた等によっても
    個人差は発生してしまいますので定期検診に来ていただくのはその神経を抜いた治療をした歯だけではなく、他の部位の歯のためにも
    お越しいただくことはベストかと思います。

    また神経を取ってしまった歯は、神経のある歯と比べて栄養が行き届かない為に比べてしまうと
    歯の持ちという言い方ですとおおよそ一般的に言われているのは神経がある歯の方はもちがいいと言われております。
    なのでより、神経がある歯よりもさらに予防はしっかりしていただくことが得策かと思います。
    その歯が再び虫歯になってしまうとさらにダメージが蓄積され、歯の根が割れてしまうこともあります。
    もし、歯の根が割れてしまうとその歯はいわゆる抜歯対象となります。

    私的には、私もですが、今回の話に上がった友人や知人、患者様には
    8020運動目指して一緒に頑張っていきたいと思っていますので。
    一番は治療にならないように予防に努めていただくのが一番かと思います。
    甘いもの、食べたくなる気持ちもすごくわかります。
    でも時と場合を決めて、その時だけ摂取する方がより
    甘いものを口にした方がより、特別感が出てくるのではとも思います。
    先日、久しぶりに糖質抑えるダイエットを行って解禁した時の
    糖質は本当に美味しかったです!!
    あと私も本当描いて院長に怒られるかもですが
    歯磨き、多分うちのスタッフ一苦手なんで丁寧にしなきゃなって思うのと
    眠たいなって気持ちがいつもせめぎあってますが
    将来の自分のため。。と日々思ってやってます。

    余談ですが口腔内が健康で噛める環境下のかたとそうでない方だと
    最大生涯医療費が1600万円ちがうというデータも出てきています。
    1600万円。。あれば何使おっかな?ともおもいますし
    それだけ金額違うということは、病気になりにくかも表しているのかなと思います。
    健康的で病院に通院もへれば趣味などの好きなことに時間費やせると
    考えたら素敵かなって思います。

    ちょっと話は逸れちゃいましたが、神経を取るということはいろんなリスクも増えると
    いうこと、そして痛みが絶対ないというわけではないことが
    少しでも伝われば幸いです。

    日常生活を送る上で口腔内の痛みはやはり苦痛でしかないと思います。
    口腔内の健康維持を一緒に行えていけたらと思います。

    とりあえず私も甘いものは月に2回までに我慢します
    コーヒーも無糖でがんばります。

新井歯科

〒133-0052 東京都江戸川区東小岩1-4-4
完全予約制 03-5668-8140

★初診受付・・・午前12:15まで / 午後18:15まで(土曜日16:45)

★土曜日の診療は17:30まで ★休診日は木・日・祝

診療時間
9:30〜13:00 × ×
14:30〜19:00 × ×
page top
page top
Copyright(c) 小岩の歯医者なら新井歯科 All rights reserved.
ご予約・お問い合わせ03-5668-8140ネット予約(初診)