脳出血、虫歯菌が関係

Menu

脳出血、虫歯菌が関係

脳出血起こす虫歯菌…高血圧・喫煙は特に危険
脳出血を引き起こす危険性が高い特殊な虫歯菌を、大阪大の和田孝一准教授らが見つけた。
この菌に感染した人が高血圧になったり喫煙したりすると、発症率が高まる という。
28日の英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズ電子版で発表した。
この虫歯菌は、皮膚や骨などになるコラーゲンと結合するたんぱく質を作る 特殊な種類。
脳出血患者74人を調べると27%が感染していた。
健康な35人でも9%が感染しており、この菌に感染することで脳出血の危険性は4倍高まることがわかった。
和田准教授らは、人から採取したこの菌をマウスに感染させて実験。
脳の血管内皮に傷をつけると、この菌が下層のコラーゲン繊維にどんどん集まり、血小板による傷の修復が間に合わず出血を起こした。
この菌があってもすぐに脳出血を起こすわけではないが、高血圧や加齢、喫煙で血管内皮が弱ったり、傷ついたりすると、発症率が上がるとみられる。(2011年9月28日 読売新聞)

ここ何年か、口腔細菌と全身疾患との関係が解るようになってきています。
口腔内の環境を良い状態に整えることにより、 全身の健康につながると言う事です。
スウエーデンでは、口腔内を健康な状態に保つことの大切さを早くから理解し、 国をあげて口腔内のケアに力をいれ、国費を注ぎ込み、結果、 国民は健康にになり、寝たきり老人をなくしたそうです。
そして、医療費を削減できたそうです。
日本では毎年医療費が増え、今年も過去最高の医療費だそうです、 寝たきり老人増加してます。
厚労省も早く何にお金を掛ければよいのか、気づくべきすでね。
そうすれば、健康人が増え、医療費も削減され、国益となるはずです。
気づいてるのかもしれませんね、でも出来ないシガラミがあるのでしょう。
病気をある事によって利益あげる製薬会社、起業、会社、人々、それによって 恩恵のある政治家、役人がいる限り、日本は変らないのでしょう。
嘆いていても仕方ないので、我々はこれからも口腔内を健康に保つ事、 歯の大切さを皆様に啓蒙していきたいと思います。
新井歯科 院長http://www.araidental.com/
記事の詳細を記述します。

新井歯科

〒133-0052 東京都江戸川区東小岩1-4-4
完全予約制 03-5668-8140

★初診受付・・・午前12:15まで / 午後18:15まで(土曜日16:45)

★土曜日の診療は17:30まで ★休診日は木・日・祝

診療時間
9:30〜13:00 × ×
14:30〜19:00 × ×
page top
page top
Copyright(c) 小岩の歯医者なら新井歯科 All rights reserved.