歯科医が看護士に口腔ケア指導

Menu

歯科医が看護士に口腔ケア指導

口腔ケア:歯科医が看護師に指導 患者の誤えん防止効果--越谷市立病院 /埼玉
越谷市立病院と市歯科医師会は昨年4月から口腔(こうくう)ケア指導業務委託を締結、歯科医が市立病院の看 護師に対し専門的な口腔ケアを指導している。
この結果、技術が向上した看護師による口腔ケアで重篤の入院患者の誤えんが減り、発熱の減少や入院期間の短縮などの効果が出ているという。
歯科医師会口腔ケア特別委員会の中里義博委員長は「歯科医が公立病院に出向いた口腔ケアの指導は県内初で、全国でも珍しい」 と話す。
口腔ケア業務委託は、市立病院の山本勉院長(当時)が安井晃歯科医師会会長に申し入れて実現した。
脳神経外科、消化器科、呼吸器科の3科では入院患者本人が口の中を清潔に保てない例が多いため、誤えんによる肺炎が起きやすいという。
看護師への指導は、毎月1回3科の病棟のベッドサイドで行われる。
中里委員長ら歯科医3~4人が入院患者を診ながら、看護師数人に対し器具や保湿剤の使い方から、歯垢(しこう)や食べかす、舌苔(ぜったい)などの除去法を教える。
9月下旬にも90歳代の脳梗塞(こうそく)の患者に対し、看護師数人が中里委員長らのアドバイスでスポンジブラシを使い口の中をきれいにした。
歯科医による口腔ケアの指導について、野本由美子看護部長は「歯科医師による患者の観察、器具の使い方、技術などは大変勉強になります」と話す。
この取り組みは、今年2月の県歯科医学大会(県歯科医師会主催)で発表され、市歯科医師会が最優秀の奨励賞を受賞。
6月には市立病院の看護師が口腔ケア学会で発表、全国的に注目されたという。
中里委員長は「口腔ケアは医療費の抑制にもつながる。
今後は、指導を市立病院の他の科や退院後の療養施設などにも広げていきたい」と話している。
2011年10月1日 提供:毎日新聞社

今回のように歯科と病院の連携は本来あるべきで、すばらしいことです。
前回のブログでもお話したように口腔内の健康が保たれば、全身の健康にもつながるのですから。
日本の病院には歯科の入っていない病院が多く、社会的にも、行政的にも医科と歯科は分離されて考えらることが多く残念です。多くの病院に歯科が入る事を望みます。
医科と歯科が分離して考えらる日本がある意味、特殊であり、大学の時点から違います。
アメリカや他国では医学部の中に歯科があり教育課程が終了後に医学部に進み、その後専門分野として各科を選択するようになると聞いています、そのひとつとして歯科もあるらしい。
歯科も身体の一部であり大切な臓器であると海外では考えられているからです。普通に考えれば当然の事なんですが、、。
そして、優秀な学生でなければ歯学科に進めないと聞いています。
それに比べ、日本では歯科の重要性は軽視されているようで、最近では私立の歯学部は定員割れし、医学部にくらべ学力もかなり落ちています、さびしい現実です。
マスコミでコンビニより歯科医院が多いとか、ワーキングプアとか報道されている影響もあるのでしょう。
韓国、アメリカでは医者より歯科医師のほうが年収は高いため優秀な学生が集まるようになっているようです。
日本では30年も変らない保険制度に縛られ、経営不振となり、つぶれる歯科医院も今では多いと聞いています。
日本では歯科医師過剰と言われていますが、アメリカ国民に対する歯科医師数にくらべ、日本の歯科医師は実際には少ないようです。
歯科のニーズの違いでしょうか、、日本国民が歯科の重要性を理解し健康のために歯科に健診に通うようになれば、今の歯科医師数では足らないとも言われています。
日本の歯科の歴史が違うからでしょうか。
昔は大工さんが歯を抜いていたり、入れ歯を作っていたという歴史があるからでしょうか?(大工さんを軽視している訳ではありません。)
ちょっと話がずれてしまいましたが、全身の健康のためにも口腔内の環境を良い状態に保ちましょう、そのために歯科に通っていただきたい、悪くなり治療や歯を抜く前に。
そして、医科と歯科がもっと連携できるよに我々も啓蒙していきたいです。
新井歯科http://www.araidental.com/
記事の詳細を記述します。

新井歯科

〒133-0052 東京都江戸川区東小岩1-4-4
完全予約制 03-5668-8140

★初診受付・・・午前12:15まで / 午後18:15まで(土曜日16:45)

★土曜日の診療は17:30まで ★休診日は木・日・祝

診療時間
9:30〜13:00 × ×
14:30〜19:00 × ×
page top
page top
Copyright(c) 小岩の歯医者なら新井歯科 All rights reserved.