審美歯科

Menu

ノンメタル治療体に優しく金属を使わない治療

現代人は生活の中で様々な有害物質を溜め込んでしまっています。
その原因の一つに口腔内の金属充填物があげられます。

アメリカでは、既に人体への使用が禁止されているパラジウムや水銀という金属(保険内銀歯)が、日本では健康保険の治療で使われています。
体内の重金属(毒素)が人体の免疫機能に悪影響を及ぼし、金属アレルギー・アトピー性皮膚炎、頭痛・めまいをはじめ、自律神経失調症などを引き起こすといわれています。

また、口腔内に異種金属が存在することにより、ガルバーニ電流が発生し、味覚障害・頭痛・肩こりを引き起こすとも言われています。このように、患者さん自身に症状が出ていなくとも、免疫力、体力が落ちた時に、この様な症状が出るかもしれません。

我々は、少しでも問題のある材料は使用したくありません。

もし、自分や親族に治療する場合は、絶対に使用したくない材料です。
当然、自分(歯科医)の口腔内には入れていません。
当院では、体内に有害物質を蓄積させる口腔内の金属を除去し、人体に親和性のあるセラミック、ハイブリットジンに変える治療を勧めています。

治療例

O.Yさん(女性)
N.Tさん(女性)
口腔内から金属を取り除いてから、不思議なくらい肩こり・首の痛みがなくなりよかった。
今後も歯を守るために検診したいと思います。
H.Mさん(女性)
以前は金属が入っているときに、金属の味がスプーンを入れたときにキーンとしたり、金属のニオイが気になり、自分の子供にもニオイを指摘されていたが、今は全くそういう事はありません。
肩こりが以前より良くなったのが実感できます。
H.Mさん(女性)
歯を白くしたことにより、自分の歯に対して意識が変わりました。
いつまでもキレイにしなきゃ!!と思うようになりました。
S.Mさん(男性)
以前は反対咬合だったが、気になっていた矢先に先生から「治ります」と言われ是非行いたいと思い、矯正と審美治療を行いました。
今はとっても満足しています。
また、自費の歯を入れて以前の保険の歯と比べて「前はこんな歯だったのか・・・」という感じです。
これについてもとても満足しています。

金属アレルギー

治療方法

口腔内の金属が原因と疑われる症状があった時は、皮膚科あるいは大学病院に依頼して、パッチテスト(Patch test)を行っていただきます。
陽性反応が出た場合は、その金属が使われていない金属あるいは、セラミック、ハイブリットレンジの材料にて再製します。

治療結果

口腔内の金属を除去した後、完全に体の中から蓄積された有害金属が除去されるのは、半年掛かるといわれています。
通常、半年~一年くらいかけて改善される事が多いです。

その間、当院では東洋医学(カラー療法)と漢方薬にて対応し、少しでも早く改善できるようにしております。

治療例
金属アレルギーによる掌蹠脳胞

新井歯科

〒133-0052 東京都江戸川区東小岩1-4-4
完全予約制 03-5668-8140

★初診受付・・・午前12:15まで / 午後18:15まで(土曜日16:45)

★土曜日の診療は17:30まで ★休診日は木・日・祝

診療時間
9:30〜13:00 × ×
14:30〜19:00 × ×
page top
page top
Copyright(c) 小岩の歯医者なら新井歯科 All rights reserved.