歯周病の原因・症状・検査

Menu

歯周病とは?

歯と歯肉の境目(歯肉溝)に歯垢と呼ばれる細菌の固まりが停滞し、その中の歯周病原菌により感染を起こすと、歯肉が炎症を起こし、進行すると歯を支えている骨(歯槽骨)を溶かしてしまう病気です。

厚生労働省の平成17年歯科疾患実態調査では、15~24歳の36.5%が、35~44歳の84.27%が55~64歳の85.79%が歯周病にかかっていると言われています。

歯周病のチェック

  • 歯肉が腫れてることがある。
  • 歯みがきをすると、歯肉から出血する。
  • 朝起きた時、口の中がネバネバする。
  • 口臭がある。指摘されたことがある。
  • 歯が長くなった。歯肉が後退している。
  • 歯の間に食べ物がよく挟まる。
  • 歯がグラグラする。
  • 歯肉を押すと膿(ウミ)がでる。
  • 歯が浮いた感じ、ムズムズする事がある。
  • 歯科医院にあまり通院した事がない。虫歯の治療をした事があまりない。

このような自覚症状に1つでも当てはまれば、あなたは”歯周病”かも!?

歯周病の症状・病態

歯周病は15歳前後に発症し、ゆっくりと進行するために自覚症状(痛み)がほとんど無いため、30、40歳代で気づいた時は、進行した歯周病になっている事も少なく有りません。

進行した歯周病では骨が溶けてしまっているため、現医学では元の状態に再生する事は不可能であり、最悪の場合、歯を抜く事となってしまいます。ですから、10、20歳代での早期発見、早期治療、予防が大切となってきます。

歯周病の進行段階は以下のように、歯肉炎、軽度歯周炎、中等度歯周炎、重度歯周炎と4段階に分けられます。

健康な歯肉
健康な歯肉は色が薄いピンク色で歯と歯の間の歯肉がピラミッド型をしています。
歯肉炎
歯と歯肉の境目(歯肉溝)に歯垢が付着し、歯周病原菌に感染すると、歯肉に炎症を起こします。
歯肉は赤く腫れ、歯みがきをすると出血するようになります。

この段階では、骨(歯槽骨)には、影響を及ぼしていません。
軽度歯周炎
歯肉炎が進行し、歯と歯肉の付着が破壊され、歯周ポケットと呼ばれる深い溝が形成されはじめます。
骨(歯槽骨)は軽度の吸収を起こしはじめます。歯肉縁下に歯石の沈着も見られます。
歯肉炎と同様、歯肉は赤く腫れ、出血が見られます。見た目は歯肉炎と区別が付きにくい事もあります。
中等度歯周炎
歯周ポケットはより深い溝となり、歯石の沈着およびより歯垢の付着が起こり歯肉はより腫れ、自然出血、
排膿も起こします。また歯肉の退縮もみられます。
骨(歯槽骨)は中等度吸収を起こし、歯がグラつきはじめます。
重度歯周炎
歯肉は退縮し、その下の骨(歯槽骨)も高度に吸収し、歯を支えている部分はほとんど消失し、歯肉のみで
付着している部分もあります。歯はグラグラで、食べ物は痛くて咬めない状態です。
この段階では、歯を残す治療は困難になります。時として、自然脱落する事もあります。

歯周病の原因

主因子

歯垢中に存在する歯周病原菌が原因です。

歯周病をより増悪する因子

・たばこを吸っている人は、吸っていない人の3倍程歯周病にかかりやすく、それによって歯を失くしてしまう割合は2倍も高いという報告があります。タバコの煙に含まれるニコチンや一酸化炭素の作用と言われています。
・咬合異常、歯ぎしり、くいしばり、歯列不正
・全身的疾患、血液疾患、糖尿病、高血圧症
・不良な補綴物、あっていない銀歯、充填物

歯周病の検査

歯周病ポケットの測定

歯と歯肉の溝の深さをプローヴという測定器で測定します。
1~3mmまでが健康、あるいは健康を保てる範囲と言われ、4mm以上は歯周病が進行している状態を表します。
この時、出血すると歯肉に炎症があり、歯周病が進行している事を表します。

歯肉の色、形態を診ます
歯の動揺度

健康の状態もわずかな歯の動きがありますが、歯周病が進行すると動揺度が増します。

レントゲン写真
健康な歯肉 歯周炎

レントゲン写真により、歯を支えている骨の吸収度を診ます。

噛み合わせの検査

歯型を取り調べます。

次に→

新井歯科

〒133-0052 東京都江戸川区東小岩1-4-4
完全予約制 03-5668-8140

★初診受付・・・午前12:15まで / 午後18:15まで(土曜日16:45)

★土曜日の診療は17:30まで ★休診日は木・日・祝

診療時間
9:30〜13:00 × ×
14:30〜19:00 × ×
page top
page top
Copyright(c) 小岩の歯医者なら新井歯科 All rights reserved.