歯周病の原因・検査・治療・予防

Menu

歯周病とは?

歯と歯肉の境目(歯肉溝)に歯垢と呼ばれる細菌の固まりが停滞し、その中の歯周病原菌により感染を起こすと、歯肉が炎症を起こし、進行すると歯を支えている骨(歯槽骨)を溶かしてしまう病気です。

厚生労働省の平成17年歯科疾患実態調査では、15~24歳の36.5%が、35~44歳の84.27%が55~64歳の85.79%が歯周病にかかっていると言われています。

歯周病のチェック

  • 歯肉が腫れてることがある。
  • 歯みがきをすると、歯肉から出血する。
  • 朝起きた時、口の中がネバネバする。
  • 口臭がある。指摘されたことがある。
  • 歯が長くなった。歯肉が後退している。
  • 歯の間に食べ物がよく挟まる。
  • 歯がグラグラする。
  • 歯肉を押すと膿(ウミ)がでる。
  • 歯が浮いた感じ、ムズムズする事がある。
  • 歯科医院にあまり通院した事がない。虫歯の治療をした事があまりない。

このような自覚症状に1つでも当てはまれば、あなたは”歯周病”かも!?

歯周病の症状・病態

歯周病は15歳前後に発症し、ゆっくりと進行するために自覚症状(痛み)がほとんど無いため、30、40歳代で気づいた時は、進行した歯周病になっている事も少なく有りません。

進行した歯周病では骨が溶けてしまっているため、現医学では元の状態に再生する事は不可能であり、最悪の場合、歯を抜く事となってしまいます。ですから、10、20歳代での早期発見、早期治療、予防が大切となってきます。

歯周病の進行段階は以下のように、歯肉炎、軽度歯周炎、中等度歯周炎、重度歯周炎と4段階に分けられます。

健康な歯肉
健康な歯肉は色が薄いピンク色で歯と歯の間の歯肉がピラミッド型をしています。
歯肉炎
歯と歯肉の境目(歯肉溝)に歯垢が付着し、歯周病原菌に感染すると、歯肉に炎症を起こします。
歯肉は赤く腫れ、歯みがきをすると出血するようになります。

この段階では、骨(歯槽骨)には、影響を及ぼしていません。
軽度歯周炎
歯肉炎が進行し、歯と歯肉の付着が破壊され、歯周ポケットと呼ばれる深い溝が形成されはじめます。
骨(歯槽骨)は軽度の吸収を起こしはじめます。歯肉縁下に歯石の沈着も見られます。
歯肉炎と同様、歯肉は赤く腫れ、出血が見られます。見た目は歯肉炎と区別が付きにくい事もあります。
中等度歯周炎
歯周ポケットはより深い溝となり、歯石の沈着およびより歯垢の付着が起こり歯肉はより腫れ、自然出血、
排膿も起こします。また歯肉の退縮もみられます。
骨(歯槽骨)は中等度吸収を起こし、歯がグラつきはじめます。
重度歯周炎
歯肉は退縮し、その下の骨(歯槽骨)も高度に吸収し、歯を支えている部分はほとんど消失し、歯肉のみで
付着している部分もあります。歯はグラグラで、食べ物は痛くて咬めない状態です。
この段階では、歯を残す治療は困難になります。時として、自然脱落する事もあります。

歯周病の原因

主因子

歯垢中に存在する歯周病原菌が原因です。

歯周病をより増悪する因子

・たばこを吸っている人は、吸っていない人の3倍程歯周病にかかりやすく、それによって歯を失くしてしまう割合は2倍も高いという報告があります。タバコの煙に含まれるニコチンや一酸化炭素の作用と言われています。
・咬合異常、歯ぎしり、くいしばり、歯列不正
・全身的疾患、血液疾患、糖尿病、高血圧症
・不良な補綴物、あっていない銀歯、充填物

歯周病の検査

歯周病ポケットの測定

歯と歯肉の溝の深さをプローヴという測定器で測定します。
1~3mmまでが健康、あるいは健康を保てる範囲と言われ、4mm以上は歯周病が進行している状態を表します。
この時、出血すると歯肉に炎症があり、歯周病が進行している事を表します。

歯肉の色、形態を診ます
歯の動揺度

健康の状態もわずかな歯の動きがありますが、歯周病が進行すると動揺度が増します。

レントゲン写真
健康な歯肉 歯周炎

レントゲン写真により、歯を支えている骨の吸収度を診ます。

噛み合わせの検査

歯型を取り調べます。

次に→

歯周病の治療

歯磨き

歯周病は先ほどより述べている様に歯垢中の細菌による感染症です。
まずは、原因である歯垢を、毎日丁寧に歯磨きして取り除きましょう。
歯と歯肉の境目に付く歯垢が原因で、鏡を見ながら歯ブラシを歯肉の方へ45度に傾け磨きましょう。また、普通の歯ブラシの届かない歯間を磨くデンタルフロス、歯間ブラシも使えると良いでしょう。
これだけ丁寧に歯磨きすると、最低5分はかかると思います。歯科医院にて、自分の歯磨きをcheckしてもらい、指導を受けましょう。”磨いている人”でも磨き残しが50%以上残っている事が多いです。最近は、良い電動歯ブラシ(音波、超音波)が多く有ります。ご相談してみてください。

歯周病に効果的なブラッシング方法

歯ブラシの選び方
【1】大きさ/大きい歯ブラシでは口の中で動きがとれません。歯の奥まで届くような、小さめの歯ブラシを選びます。使う人の前歯2本分くらいが良いでしょう。
【2】硬さ/やや軟らかめで毛先に弾力性のあるものがおすすめです。”普通”~”やわらかめ”の歯ブラシが良いでしょう。

みがく順序を決めましょう
(1)上顎か下顎のウラ側からぐるっと一周し/(2)次に外側を磨き/(3)最後に咬合面を磨いて下さい。
口腔内を一筆書きの要領で一周しながら、全ての歯を磨く。
以上の方法をワンクール(5分を目安)として、口腔衛生度に応じて、クール数を決めます。

ブラッシングの基本 (表面は90度、歯と歯肉の境目は45度で磨く)

前歯のブラッシング (細かく左右に動かす方法が効果的)

奥歯のブラッシング (奥の奥まで歯ブラシを届かせるつもりで)

前歯の裏のブラッシング (磨きにくく忘れがちな場所だけど、丁寧に)

補助的用具

除菌療法

どんな方も歯ブラシで歯垢を100%落とすことは出来ません。ですから、機械的に除菌するPMTCが必要です。 また、歯周病病原菌を科学的に除去するため抗菌剤の服与、あるいは3DSといった方法が必要となります。 機械的な方法と化学的な方法の両面から考えた除菌方法が必要となります。

歯ブラシが上手くできない方、中程度以上の歯周病の方は、必要となります。 PMTC3DSに関しては、予防歯科を見てください。 一部、自費治療となります。
「PMTC」について詳しくはこちら >>
「3DS」について詳しくはこちら >>

歯石除去

歯垢が石灰化すると歯石という状態で歯に沈着しています。
歯石は、歯肉縁上または歯肉縁下(歯肉の内側)にも沈着しています。
歯石は歯ブラシでは取れません。歯科で除去してもらうしかありません。

歯石形成には、個人差はありますが歯磨きが不良だと1週間もすると形成されます。定期的な除去が必要になります。

歯周外科手術

重度に進行した歯周病を治すのに必要な場合があります。

最近では、歯周病にて失われた歯槽骨などの歯を支える組織の再生を促す治療法(歯周組織再生療法)も急速に普及しています。詳しくは、ご相談下さい。

歯並びや噛み合わせの治療

咬合異常が歯周病の増悪因子となっている場合、矯正や補綴物による治療が必要な場合があります。

治療例

歯周病治療例1
前医では歯周病の治療と矯正をしましたが、まったく良くなりませんでした。
新井歯科では、歯周病も歯並びも、見違えるように良くなり、更に奥歯にインプラントをしていただいて、
いろんな物が噛めるようになりました。治療後5年たった今も全く問題ないです。
本当にありがとうございます。
歯周病治療例2
前医では右上の奥歯を歯周病で抜くように言われましたが、大学病院時代の新井先生に診てもらい、
歯を抜く事なく、歯周病と歯並びも治してもらいました。今も20年間診てもらっていますが、未だに歯を
抜かずに維持できていることに感謝しています。
歯周病治療例3
歯周病に歯を何本か無くした状態でどうにかよくならないものか?と駆け込み利用して頂いてほんとうに、正常な状態まで回復させてもらい大変感謝しております。 死ぬまで(?)良い状態の歯であり続けるためにこれからもご指導のほど、よろしくお願い申しあげます。 一生懸命通ったかいがありました。

歯周炎と全身疾患の関係

歯周病が進行すると全身にさまざまな悪影響を及ぼす事が近年の研究で言われています。

【脳血栓、脳梗塞】
【誤えん性肺炎】

歯周病菌が肺炎患部から検出されています。
誤飲により口腔内の細菌が呼吸器官に入る事によって発症します。

【細菌性心内膜炎】

歯周病菌が心内膜炎患部から検出されています。

【血管障害、動脈硬化、心筋梗塞】

歯周病患者の心疾患による死亡率は健康な人の1.9倍。発作率は2.8倍。
歯周病の進行と心疾患の発生は比例します。
歯周病菌の毒素に対して体がつくり出す炎症物質が血管壁の肥厚を促進するためと言われています。

【糖尿病】

歯周組織の炎症はインシュリン抵抗性を高め、血糖値が高くなり、糖尿病を悪化させます。

【早産、未熟児出産】

歯周病菌の毒素が体内の炎症性物質を増加し、また母親の羊膜内も炎症物質が高いため、低体重児出産(早期)が起こると言われている。
健康な母親に対して7.5倍のリスクがあると言われています。
歯と全身の健康を守るには「毎日、口の中を清掃し、いつまでも清潔に保つ」ことが、とても大切なこととなります。

歯周病の予防

ホームケア(家庭での予防)

毎日、きちんとブラッシングをして丁寧に歯垢を取り除くことが大切です。

ただし、「磨いている」と「磨けている」は異なりますので、”歯科医院”にて、あなたに合ったしっかりとしたブラッシング方法を学びましょう。たばこも含め、全身的健康管理も大切なことです。

プロフェッショナルケア(歯科医院による予防)

磨いている人も、必ず磨き残しがあります。そして歯垢を放っておくと、硬くなり歯石となります。
この様にホームケアでは取れない歯垢、歯石を定期的に(3~6ヶ月)に歯科医院にて除去し、健康度チェックをしてもらいましょう。

一度、歯周病の治療を終了している方も安心してはいけません。以上の事から、また放置しておくと通常は3ヶ月位で再発傾向になります。継続して定期健診、予防処置を受けてください。

早めの検診・治療

歯周病は16歳位から発症します。早期に検診にて無症状の時に、発見、治療することが大切です。

初期の歯周病であれば、簡単な処置にて完治させることも可能です。
中等度~重度の歯周病でも、現在は治療法の進歩で適切な治療とホームケアをきちんとすれば、抜かなくてもすむケースもあります。少しでも自覚症状(診断check表を参考に)があったら、積極的に検診を受けてみてください。

新井歯科

〒133-0052 東京都江戸川区東小岩1-4-4
完全予約制 03-5668-8140

★初診受付・・・午前12:15まで / 午後18:15まで(土曜日16:45)

★土曜日の診療は17:30まで ★休診日は木・日・祝

診療時間
9:30〜13:00 × ×
14:30〜19:00 × ×
page top
page top
Copyright(c) 小岩の歯医者なら新井歯科 All rights reserved.
ご予約・お問い合わせ03-5668-8140ネット予約(初診)