自由治療の冠・つめ物について

Menu

自由治療の冠・つめ物について

すきっ歯の治療について(ラミネートベニア)
【症例1】
treatment_laminate1
【症例2】
treatment_laminate2

すきっ歯の治療については2つ方法があります。
1つめは歯と歯の間をレジン(歯科用プラスチック)で埋めて治療する方法。
こちらは「ほぼ削らない」治療法ですが、何分プラスチックで埋めるだけなので、耐久性や審美性には不安が残ります。
2つめは「ラミネートベニア」という治療法です。
この治療法は、歯の表面をごく薄く削り、セラミック製のシェル(薄片)を貼り付ける治療法です。
歯を削る量が少なく、神経も削ることなく治療を行うことが出来るので、少ない負担で行うことが出来る治療法です。
削った歯の表面にラミネートベニアを貼り付けますが、特殊な接着剤で貼り付けますので、はがれてしまう心配はありません。
ホワイトニングでは落とせない歯の変色も、ラミネートベニアならキレイにすることが出来ます。

ハイブリットインレー
【症例1】
【症例2】

ハイブリッドレジンを充填・装着するため、自然感があり健康的に見えます。
金属アレルギーの心配がありません。
型を採って技工所で作成した物を接着剤で装着する間接法(2回法)と、直接口腔内で接着する直接法(1回法)があります。

間接法1歯:\35,000~\45,000(税別)
直接法1歯:\20,000~\30,000(小臼歯・前歯)(税別) / \25,000~\30,000(大臼歯)(税別)
ゴールドクラウンインレー

高カラット合金のためお口の中で化学変化を起こしにくい材料です。
加工精度が高いため歯にぴったりとおさまります。

対合の歯などの健康な歯にも負担がかかりにくく、メタルボンド・ハイブリッド前装冠に比べて歯質の切削量が少なくて済むのが特徴です。
金属色が見える、金属アレルギーのある方にはお奨めできないのが弱みです。

ゴールドクラウン1歯:\95,000~\100,000(税別) / ゴールドインレー1歯:\45,000~\80,000(税別)
ハイブリットクラウン金属を使わないハイブリッドレジンの被せもの

色調はセラミック類に劣るが 金属を使用していないため、体にやさしく金属アレルギーの心配がありません。食生活によっては変色・着色することがあります。

1歯:\55,000(税別)~(但し、ファイバーコア使用の際は別途¥15,000+税 がかかります。)
・咬み合わせの問題や、歯ぎしり、食いしばりの問題のある方はできない場合があります。
ハイブリット前装冠

金属の内冠の上にセラミックとプラスチックの中間の硬さを持った材料を貼り付けた白い冠

・あまり審美性を要求しない部位に最適です。
・保険の冠に比べて強度・耐摩耗性・色調は優れますが、オールセラミックやメタルボンドと比較すると審美的に若干劣るのが特徴です。
・セラミック類に比べて安価です。
・舌側に一部金属が見えます。
・食生活によっては変色・着色する可能性があります。
・金属にアレルギーのある方にはおすすめできません。

メタルボンドとの比較/ハイブリット メタルボンドとの比較/メタルボンド
1歯:\70,000(税別) (但し,ファイバーコアを使用の際は別途\15,000+税 がかかります)
メタルボンドクラウン

金属の内冠の上にセラミックを焼き付けた白い冠

・従来より行われてきた方法なので安心してご使用いただけます。
・内面に金属を使用しているため、光の透過性はオールセラミックに劣りますが、表面がセラミックなので、天然歯の色調に合わせやすいのが特徴です。

前歯及び臼歯:\110,000(税別)(但し,ファイバーコアを使用の際は別途\15,000+税 がかかります)
オールセラミック

最先端の審美的な金属を使用しないセラミックのみの被せ物

【症例1】
【症例2】

・セラミックはガラスのような素材なので、汚れや歯垢が吸着しにくく虫歯や歯周病に対して他の材料に比べ予防効果が高いです。
・金属アレルギーの心配がなく、生体に影響を及ぼすことの少ない材料で、今後主流になってゆく方法だと思われます。
・土台にグラスファイバーのしん棒(ファイバーコア)を使用することにより歯と歯肉の境目に黒いラインが出にくいのが特徴です。

※ 咬み合わせや症例によってはできない場合があります。
1歯:\110,000(税別)~ (但し,ファイバーコアを使用の際は別途\15,000+税 がかかります)
I-TFCシステム(光ファイバーポストコアシステム)

コアとは虫歯になった部分を削り、土台としてしん棒を入れるものです。
しん棒の素材は金属が主流でしたが、グラスファイバー素材を素材を用いた最新技術が「ファイバーコア」です。
※画像はクリックで拡大します。

光の透過性
私たちの歯は光を透過しますが、今までの金属製のコアは光をまったく通しません。
ファイバーコアは、光の透過性も私たちの歯に極めて近く、とても自然な仕上がりになります。
※画像はクリックで拡大します。

生体へのやさしさ
金属製のコアは硬すぎるために、強い力が歯にかかると、歯のほうが負けて、壊れてしまうことがありますが、ファイバーコアは適度なしなやかさがあり、歯を壊しにくくなっています。
また、金属を使っていませんので、金属アレルギーの心配もありません。
※画像はクリックで拡大します。

1歯:\15,000(税別)
歯根破折について

歯の根にヒビが入ってしまったり、根が割れてしまう事を歯根破折といいます。
破折した線が骨の中に入ってしまうと、そこから細菌が体の中に侵入してしまうため、歯を残すことが困難で、抜歯をする必要があります。歯根破折を起こす原因には次のようなものがあります。

・歯の神経を取ってしまった場合や、虫歯が大きく歯の壁が薄くなった場合
・外傷により歯を強打した場合
・咬む力が非常に強い場合
・ファイバーコアに比べ金属土台の場合

※注意
神経を取った歯には土台を入れますが、金属の土台は歯よりも硬いため、術後のトラブルとして破折する事が多いです。

新井歯科

〒133-0052 東京都江戸川区東小岩1-4-4
完全予約制 03-5668-8140

★初診受付・・・午前12:15まで / 午後18:15まで(土曜日16:45)

★土曜日の診療は17:30まで ★休診日は木・日・祝

診療時間
9:30〜13:00 × ×
14:30〜19:00 × ×
page top
page top
Copyright(c) 小岩の歯医者なら新井歯科 All rights reserved.