保険治療と自費治療の違い

Menu

保険治療

現在の保険制度は財源の問題で、残念ですが新しい技術・よい治療が入ってくる事は考えにくいです。

国で決められた最低限度の治療法

  • 金属アレルギーである金属(Pd,Zn,Cr,Ag)が多く含まれています

    国外では使用されてない発がん性のある金属も含まれています。決して体に良い物ではありません。
    歯科医であれば、自分、あるいは親族には絶対に入れたくない金属で良くない事をわかっているから、歯科医の口腔内には銀歯は入っていません。
    でも、保険だから、患者さんの口腔内に入れるのは、本当の医療でしょうか?

  • 審美性は考慮されていません
  • 咬合関係を正確に保つ事が難しい
  • 入れ歯は割れやすいです
  • 歯を守るための治療はできません

    30年前から変わらない治療する事(歯を削るetc)を前提とした制度のため、歯を守る(予防)のための治療はできません。
    削らなくても良い部分でも必要以上に歯を削らなければいけない時があります。

  • 治療費が低く抑えられているため、十分な時間をかけた丁寧な治療がしにくい

    治療費が低く抑えられているために、十分な時間をかけて丁寧な治療がしにくい。
    そして、削らなければお金にならない、だから繰り返し再治療し、削る…歯は残らない。
    そんな治療は、大切な患者さんには勧められない。

自費治療

口腔機能は生命をつかさどる大切な最初の機能であり。また食事以外にも咬み合わせにより体調を維持、安定させる機能もあります。

歯は物とは違い、何度もやり直しが出来ません。繰り返しの治療により歯を失うこともあります。 体に良く、予防効果が高く、審美性もあり精密なものを入れることを、お勧めします。 虫歯や歯周病に対して予防効果が高い為、歯の寿命が違ってきます。 体にとっても健康的です。

自費治療は、歯(冠)その物にかかる治療のみでなく、あらゆる制約がない為、より良い材料(型を採る材料、セメント等)を使い、歯を入れるまでの治療内容・過程が違いますし、時間を掛ける事ができます。 また保険で適応されなていない様な最善の治療(レーザー治療など)を行うことが出来ます。 その結果、病気を再発しにくい様な治療が出来ます。 適切な治療・材料を使うことにより、必要以上に歯を削らなくて良いため、歯を守ること(予防効果が高い)が出来ます。

人工の歯の制作は手作業であり、人工の歯を制作するのは技工士さんですが、当院の自費治療の場合、一流の自費専門の方に依頼しています。 技術が違うので、精密でより天然歯に近い冠、入れ歯が出来るのです。 材料も体に親和性ある材料で制作することが出来ます。

咬合治療(咬合による姿勢、不定愁訴の改善・顎関節症の治療など)に関しては、実際には保険内での治療では難しいのが現状です。患者様には負担が大きくなる事もありますが、適切な時間をかけ、技工料も保険のものと比べて高価なため、自費治療は高価となることをご理解下さい。

※自費治療をご希望される方、また話を聞きたい方、担当医・担当衛生士にご相談下さい。

今できる最善の治療法(当院の場合)

  • 保険で適応されなていない最善の治療を行い、再発しにくい治療が出来る
  • あらゆる制約がない為、より良い材料を使い、時間を掛ける事ができる
  • 一流の自費専門の技工士により、精密でより天然歯に近い冠、入れ歯が出来る
  • 保険内での治療が難しい、咬合治療

新井歯科

〒133-0052 東京都江戸川区東小岩1-4-4
完全予約制 03-5668-8140

★初診受付・・・午前12:15まで / 午後18:15まで(土曜日16:45)

★土曜日の診療は17:30まで ★休診日は木・日・祝

診療時間
9:30〜13:00 × ×
14:30〜19:00 × ×
page top
page top
Copyright(c) 小岩の歯医者なら新井歯科 All rights reserved.