インプラント最新治療「光機能化技術」

Menu

インプラント治療とは

「歯を失った人の悩みを解消する第2の永久歯」

インプラントには、元々医学用語で「埴立する」という意味があります。
歯が失われた場所に歯根に変わる人工歯根を埋め込み、骨としっかり付いた段階で人工の歯をかぶせ、天然の歯が生えていた頃と同様の機能性と美しさを回復させる治療法です。

素材はチタンで金属アレルギーの心配がほとんどなく、骨と一体化する性質があります。
部分的に歯が抜けている方も、全ての歯が抜けてしまっている方も、適応する治療法です。
▼詳しくは下記PDFをご参照ください。
インプラント治療のより確実な成功と最適な治療プランの実現のために世界最先端の光機能化技術 の光機能化技術があります

こんな方にお勧めします

  • 一番奥の歯が抜けていてブリッジが出来ない
  • 抜けている歯の数が多く、ブリッジでは支えきれない
  • 審美的に入れ歯を使うのに抵抗がある
  • 入れ歯の着脱がわずらわしい。上手く装着が出来ない
  • 入れ歯では、思うように食べられない

インプラント治療の流れ

  • 診査・診断・治療計画

    模型・レントゲン・CTスキャンなどにより、十分な診査・診断を行い治療計画を起てます。
    当院では、Sinplantという分析コンピューターソフトを使用し、上顎骨の状態が、1/100mm単位でインプラントの位置を決定し、精密な治療計画をすることにより安心して手術をうけて頂いております。

  • インプラントの埋入手術

    【1回目】
    局所麻酔下でインプラントを骨の中に埋め込み、歯肉で完全に覆います。
    インプラントの埋入手術
    ※画像をクリックで拡大

    【2回目】インプラントの頭出し手術
    歯肉の上にヘッド部を露出させます。
    ※1・2回目を1回の手術で行う場合があります。

    上顎4ヶ月~1年,下顎2ヶ月~6ヶ月この状態でインプラントが顎骨に着くのを待ちます。

  • 支台装置の装着

    インプラントの安定が得られたら、支台装置(アバットメント)をインプラント上部に装着します。

  • 人工歯の装着

    支台装置上に仮歯を付け、咬み合せの安定が得られたら、最終的な人工歯を装着します。

  • メンテナンス

    インプラントは歯肉と調和性があり、骨に結合するチタンを使用していますが人工歯(インプラント)は天然歯のような防御機能がありませんから、メンテナンスを怠ると天然歯と同様に骨が吸収し化膿し、最悪の場合は除去しなければいけなくなる事があります。

    ですから、毎日の家庭でのケアと、ドクターと衛生士の定期的なプロフェッショナルなケアが必要となります。

インプラントを行った患者さんの声

N.K様 女性
部分入れ歯が合わず長い間苦労していましたが、新井歯科でインプラントにしまして
本当に良かったと思っています。
かみ合わせも丁寧に見てくださり、食事がおいしくなりました。
ありがとうございました。
T.Y様 女性
先生の説明で、今一番よい治療方法と思いましたのでインプラントにしました。
説明がきちんとされていたため、不安はなかったです。
自分の歯と変わりなく食事ができ、とても良いです。

おかげさまで歯に対して意識が高くなりました。

T.S様 男性
下の前歯4本インプラントにしましたが、自分の歯のように具合が良いです。
これからも今の状態を維持していくためにメンテナンスに通いたと思います。
O.H様 女性
おかげさまで何でも食べられるようになり、大きな口をあけて、笑えるようになりました。
大変ありがとうございました。治療もとてもテイネイで助手さん達も皆様感じが良く、 通うのも楽しく長期でしたが、苦ではありませんでした。
これからもメンテナンスでよろしくお願いいたします。
T.S様 女性
長い間、ありがとうございました。
一度、くじけてしまいましたが、二度目、皆さんのお陰で治療を完了することができ感謝で一杯です!
院長先生によろしくお伝え下さいますようよろしくお願いします!

最先端インプラント治療「光機能化」

インプラントの新たな発見“チタンエイジング(老化)現象

インプラント治療の成功のためには、顎の骨に植えられたチタン製インプラントが骨と強固に接着することが 必要です。
しかし、インプラント表面の骨と接着する能力はインプラントが製造されたから時間の経過に伴って 減少し、1ヶ月経過後には、約半分に低下していることが明らかにされました。 このことをチタンのエイジングといいます。
また、インプラントには製造年月日の記載がなく、どの程度のエイジングが進行しているかを知る手がかりはありません。

日本がリードする最先端のインプラント治療「光機能化」

エイジングしたインプラントを回復させる方法として、光機能化が開発されました。
老化したインプラントの能力を最大レベルまで引き上げるこの増加させることがわかっています。
患者様はこの技術の恩恵をうけることが可能となりました。
「光機能化」技術によって、インプラント治療は新たな時代へ入ったのです。
今後、インプラント治療の世界基準化となるでしょう。

以上、紹介した光機能化技術を応用っしたインプラント治療を当院では実施しています。

新井歯科

〒133-0052 東京都江戸川区東小岩1-4-4
完全予約制 03-5668-8140

★初診受付・・・午前12:15まで / 午後18:15まで(土曜日16:45)

★土曜日の診療は17:30まで ★休診日は木・日・祝

診療時間
9:30〜13:00 × ×
14:30〜19:00 × ×
page top
page top
Copyright(c) 小岩の歯医者なら新井歯科 All rights reserved.