歯周病専門医の最新歯周炎治療

Menu

中等度歯周炎以上の方へ 当院の治療方針

これまでの歯周病治療は、機械的に歯石または歯垢除去という外科的に処置がほとんど、歯周病を内科的に考える事はありませんでした。
しかし、近年、歯周病は細菌の感染症であり、歯周病原因菌を除菌できれば歯周病を治療・コントロールできるという 一般内科的なとらえ方をする歯周内科治療が行われる様になりました。

  • 歯周病原因の特定

    ・位相差顕微鏡検査
    ・歯周病細菌遺伝子検査
    ・歯周病抗体価検査

  • 特定した歯周病原菌を効く抗生物質の服与。

    近年の研究では、口腔内の歯周病原菌が血液を介して全身に感染し、他疾患の原因とも考えられています。
    肺炎、血液疾患、心臓病、糖尿病など関連があると言われています。
    抗生物質を服与することにより全身の除菌を行います。

  • 家庭での殺菌水(パーフェクトペリオ水)による口腔内の除菌。

    09年TBSテレビ「夢の扉」で紹介されて以降、注目を集めている次亜塩素酸水で、口腔内の除菌を行います。今までは歯石・歯垢を取り除いても、口腔内が除菌されていなければ、また再感染をしてしまい、より良い治療が得られなかったのです。
    ※②、③を行う事により、歯周病治療中の細菌の再感染を防ぎ治癒しやすい状態を維持します。

  • PMTC(歯のクリーニング、パーフェクトペリオ水による歯周ポケット内の洗浄)

    歯石を取った後の治癒期間に徹底したPMTCにより、更に治癒しやすい状態をつくり出します。

当院では、中等度歯周炎以上の患者様には通常の治療(歯石の除去、口腔清掃)に合わせて 上記の歯周内科治療を行うことをオススメ致します。 個人差はありますが、より良い治療結果が期待でき、更により良い予防効果があると思います。 また、重度歯周炎に行う歯周外科手術を軽減する事にもなります。 歯周内科治療は一部、自由治療扱いとなりますので、詳しくはスタッフにお尋ねください。

除菌前→除菌後の口腔内位相差顕微鏡の様子

新井歯科

〒133-0052 東京都江戸川区東小岩1-4-4
完全予約制 03-5668-8140

★初診受付・・・午前12:15まで / 午後18:15まで(土曜日16:45)

★土曜日の診療は17:30まで ★休診日は木・日・祝

診療時間
9:30〜13:00 × ×
14:30〜19:00 × ×
page top
page top
Copyright(c) 小岩の歯医者なら新井歯科 All rights reserved.