咬合治療/顎関節症

Menu

咬合治療

咬み合せの狂いは、わずか1/100mmで全身に影響が出ることがあります。

こんな経験ありませんか?
肩こり、首の痛み、頭痛、腰痛、手足のしびれ、めまい、耳鳴り、むちうち、顎関節痛、倦怠感といった不快症状があるので、病院へ行くと「異常なし」・・・
こんな時に考えれられる原因に咬み合せの不正があります。

最近の研究では、色々な病気と咬み合せとが密接に関係しているという事が判ってきました。
全ての原因が、咬み合せの不正が原因とは言えませんが、1つの要因であると考えています。

こんな方は要注意です

  • 一本の歯でも抜けたままの状態にしている
  • 治療していない虫歯がある。充填物などが外れたままになっている
  • 古い入れ歯を長く使用している
  • 虫歯の治療のために多くの充填物・冠が入っている
  • 歯並びが悪い、咬み合せが悪い(乱ぐい歯、出っ歯、受け口など)
  • 左右どちらかでしか咬めない
  • 親知らずが不正な方向に生えてきた

この様な、口腔内の状況下で、上記の症状があれば咬み合せが全身に影響をおよぼしている可能性があります。

歯はチームワークそして全身とタッグを組んでいます

一本抜けただけでも、歯並び、かみ合わせはガタガタになってしまいます。
抜けた歯の隣の歯、あるいは対合の歯が、なくなってしまった部分を補おうとするからです。
放置すると、補ってくれていた歯がだめになったり、全体のバランスも崩れ、 全身への影響も出てきます。

歯は全部そろって初めて正常に機能できる仕組みになっています。
また歯は骨格を形成する一部です。骨格の一部がなくなれば、骨格はくずれ全身への 影響も出てきます。

また、東洋医学的には、各々の歯には体に対応した経絡があるため、その歯の不調か、失うことにより全身的に影響を及ぼすことがあるのです。
逆に、体のバランスが悪いために歯並び、かみ合わせがずれ、ある一部の歯が強くかみ合うことにより、その歯だけが虫歯、歯周病が進行します。

このようにかみ合わせは、全身とバランスを保つための大切な機能を持ちあわせていますので、虫歯、歯周病の治療を含め、かみ合わせ治療を受ける必要と思われます。

治療方法

  • 噛み合わせと体のバランスを検査します

  • 原因、治療方針を説明します
  • 東洋医学と整体の手法を取り入れ体のバランスを整えます
    その後、かみ合わせの治療を行います。
    噛み合わせの治療にあたり、入れ歯を被せていた冠、充填物を新しく入れなおさなければいけない場合は、新製しなければなりません。

治療費

・初診料 15,000円/・調整料 3,000円~
かみ合わせの治療時に仮歯か入れ歯、歯の補綴物を新製しなければいけない時は、 別途自費となります。

治療例

症例1
接骨院、整形外科で長年治らなかった50肩痛が、かみ合わせを治してもらい、姿勢指導をしていただき、かなり改善ししました。
肩が上がったときは感激しました。歯は食事をするためだけでなく、体のバランスを整えるためのものである事を実感しました。
これからも歯を大切にして行きたいです。
症例2
原因不明の右股関節痛で医科では原因が分からず、あきらめていましたが、新井先生のお話を聞いて、長年放置していた
歯とかみ合わせを治しました。
そして、先生から姿勢と生活習慣指導してもらい、今では痛みもなくほとんど問題ありません。
かみ合わせと普段の姿勢がこんなに大切だと思いませんでした。

新井歯科

〒133-0052 東京都江戸川区東小岩1-4-4
完全予約制 03-5668-8140

★初診受付・・・午前12:15まで / 午後18:15まで(土曜日16:45)

★土曜日の診療は17:30まで ★休診日は木・日・祝

診療時間
9:30〜13:00 × ×
14:30〜19:00 × ×
page top
page top
Copyright(c) 小岩の歯医者なら新井歯科 All rights reserved.