メール相談 Web予約

〒133-0052 東京都江戸川区東小岩1-4-4

03-5668-8140

キービジュアル

「ミリングデンチャー」

目立ちにくい / 脱着が簡単 /
修理ができる
しっかり噛める / 外れにくい /
他の歯に優しい

ミリング

上記の入れ歯の他、
患者様のニーズに合わせ多種類の
入れ歯をご用意しています

入れ歯の欠点を克服した「ミリングデンチャー(部分義歯)」とは

一般的な入れ歯は「痛い」「噛めない」「目立つ」「外れる」「支えとする歯に負担をかける」「すぐに作り直しになる」など、沢山の問題があります。

しかし、それらの問題点を大幅に改善させたのがこのミリングデンチャーです。

ミリング

この入れ歯の良いところは沢山ありますが、一番の特徴は「入れ歯が動きにくい」という事。
入れ歯が動きにくいということは、「しっかり噛める」という他、入れ歯を支える歯を揺さぶらないので、「支える歯に非常に優しい」、つまり「長期間利用できる」ということにつながります。

ミリングデンチャーはなぜこのような多くの特徴を併せ持つのか?
それは、一般的な入れ歯と異なる特殊な構造にあります。

構造

構造は、右図です。
簡単に表現してしまうと、通常の入れ歯のように、健康な歯にばねをひっかけて入れ歯を支える構造ではなく入れ歯と支える歯に特殊な加工をし、そこに入れ歯をはめ込む構造になっています。
こうすることで、「耐久性」「審美性」「清掃性」「操作性」を向上させることに成功しています。

ミリングデンチャーの特徴「まとめ」

院長2

  • しっかり噛める
  • 目立ちにくい
  • 脱着が簡単
  • 修理ができる
  • 外れにくい
  • 他の歯に優しい
  • 長期安定性が高い

ミリングデンチャーはどの医院でも行っているわけではありません

なぜならば、製作するためには非常に高い精度が要求され(入れ歯と冠の部分の適合は20ミクロン以下でこれより適合が悪いとうまく入りません。1ミクロンは1000分の1ミリ)歯科医師と歯科技工士の高い技術力が必要になるため、どの医院でもできるわけではないからです。

部分入れ歯でしっかり噛みたい、入れ歯と気づかれない入れ歯が欲しい、長持ちする入れ歯が欲しいとお考えの方、一度ご相談ください。

その他の「患者様から人気のある入れ歯」をいくつかご紹介します!

【目立ちにくい入れ歯の代表格:
ノンクラスプデンチャー

最近は「金属のバネのない」目立ちにくい入れ歯の人気があります。
金属のバネで入れ歯を支えるのではなく、歯肉の色になじむピンク色の樹脂を利用し目立たなくしています。当院ではこの入れ歯を13万円~でご提供しています。

  • 目立つ目立つ入れ歯
  • 目立たない目立ちにくい入れ歯

目立ちにくくなったのはいいのですが、すべてプラスチックでできていますので、劣化しやすい、割れやすい、痛いというデメリットも存在します。

それらを克服するため、当院では「金属」や「シリコン」を融合させたノンクラスプデンチャーもご提案しています。

「金属」との融合

金属

「ノンクラスプデンチャー×金属」は、金属で補強し、たわみを減らしたものです。耐久性/安定性が大幅に向上します。

「シリコン」との融合

シリコン

「ノンクラスプデンチャー×シリコン」とは、ノンクラスプデンチャーの裏側にシリコンを貼り付けたものです。シリコンはゴムのように軟らかく弾力のある素材ですので、痛み軽減/外れにくくなるという機能が付与されます。

【自分の歯のように噛める:
インプラントオーバーデンチャー】

インプラント

インプラントで入れ歯を固定する仕組みです。
これをインプラントオーバーデンチャーと言います。
2本~4本のインプラントを埋め込み、その上に入れ歯を被せる治療法です。固定源がしっかりしているので、しっかり物を咬むことができます。
また、取り外しも簡単にできるため、お口のケアもしっかりできます。簡易的ではありますが「外科処置」が必要になることがデメリットではあります。

【「歴史」と「安定感」がある入れ歯】

金属床

身体に優しい金属を使った入れ歯(金属床)です。
これらの素材の長所は、保険適用の入れ歯と比べて「薄い」「軽い」「壊れにくい」「飲食物の温かみ・冷たさを感じやすい」ことです。金属床は歴史があり常に改良が重ねられている安定の入れ歯です。

これまでご紹介したのは「保険外」の入れ歯です。しかし、「保険」の入れ歯も自信があります

何かを購入するには「試食」「試乗」「試着」など、「試し」があるのが一般的です。
しかし、入れ歯にはそれがありません。

ましてや、「入れ歯は痛い、噛めない」などの話をよく聞くので、本当に大丈夫なのかと多くの方が不安になると思いますし、できればお試しで利用してみてからと思うのが通常です。

院長

それを受け、皆さまによくお伝えすることがあります。

まずは「保険」で入れ歯を作ってみてください、と。

試食・試着と異なり、残念ながら無料で入れ歯を提供することはできませんが、まずそれほど費用のかからない「保険」の入れ歯を試してみる。それに満足して頂けたらそれを使って頂く。

保険の入れ歯ではどうしても達成させることができない「薄さ」「耐久性」「熱の感じ方」「見た目の美しさ」をもっと求めたいという方は、そこで初めて自費の入れ歯を選択して頂く。

自費の入れ歯は「フルオーダーメイド」です。

保険の入れ歯には一定の「型」がありますが、自費の入れ歯は「型」はありません。
服で例えると「既製品」ではなく「オーダーメイド」です。

そのため、違和感が少なく、耐久性があり、利用する素材も身体に優しいものを利用します。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

〒133-0052 東京都江戸川区東小岩1-4-4

電話03-5668-8140

  • メール相談
  • web予約

page top