メール相談 Web予約

〒133-0052 東京都江戸川区東小岩1-4-4

03-5668-8140

キービジュアル

日本臨床歯科補綴学会
専門医」による
計算された美」

口元

ご存知でしたか?
美しい口元は「数値計測」で
導き出せます。

ゴールデンプロポーション

つまり、「口元の美」は
コントロールできるのです。
客観的な美と、あなたの理想を
融合」させます。

デンタルローンにも対応

「口元の美」をコントロールする

院長

皆さんは「歯を綺麗にする」というと、どのようなことをイメージされますか?

芸能人のような白い歯?
全体の歯とバランスが取れた歯?
女性らしい、丸みのある歯?

どれも間違いではありません。

しかし1点、皆様に理解していただきたいことがあります。
それは、多くの人が美しいと感じる「客観的な美」があるということ、そして、口元の美しさは、「歯だけではなく、歯肉や唇とのバランス」から成り立っているということです。

当院では「客観的な美」と「皆様のご要望」を融合させ、歯だけではなく、歯肉や唇を含めたバランスの取れた美をご提供します。

具体的にどのようなことを行うかは、これからご紹介します。

確立された「美の創造」

美は抽象的なものではなく、計測できるものです。
それを反映させることで、誰が見ても美しい美が創造されます。
「客観的な美」を創造するため、数値計測の他、色合いに関して、歯科技工士に関してもご紹介します。

「美の数値計測」

ゴールデンプロポーション(Golden Proportion)

ゴールデンプロポーション

「中切歯(1.618)」:「側切歯(1)」:「犬歯(0.618)」の配列にすることで前歯の審美性が向上します。

正中線と歯並びのバランス(Median line)

正中線

正中線とは、上の前歯の真ん中のラインのことを言いますが、このラインが顔の真ん中に合わせることでバランスが取れた歯並びになります。

生物的幅径(Biological width diameter)

生物的幅径

口元の美しさは「歯肉」も重要な役割りを果たします。生物学的幅径を尊重し、適合性の良い被せ物を製作する必要があります。

シェードガイド(Shade guide)

シェードガイド

当院ではデジタルツールを利用し現在の歯の色、理想の歯の色を詳細に計測します。これにより、患者様の理想の歯の色合いが明確になるため、できあがったものの色合いがイメージと異なるリスクを最小限に抑えることができます。

「歯肉のバランスを整える
(歯周形成外科)」

歯肉

先ほどもお伝えしましたが、口元の美は「歯肉のバランス」とも関係しています。例えば、歯肉の退縮や歯肉の形状が悪いと、いくら綺麗な被せ物を入れたとしても、口元全体の審美性が低下します。

そこで当院では「歯周形成外科」とう手法を利用し、歯肉の位置を移動したり、歯肉結合組織等を移植したりすることにより、歯肉のバランスを整えることを行っています。

「優秀な歯科技工士と連携」

2名

多くの方が、歯科医師が詰め物・被せ物を製作するものと考えていますが、実際は異なります。歯科医師の指示に基づき「歯科技工士」が被せ物等を製作していきます。

話し合い

そのため、歯科技工士の知識・経験・技術力によって出来上がってくる被せ物等のクオリティが大きく変わります。もっと言ってしまうと、歯科医院がどの歯科技工士と連携しているかで被せ物等のクオリティが異なるということです。

当院では審美性の優れた被せ物等を制作する優秀な歯科技工所「ヒロセデンタルラボ」と連携しています。

コラム
あの苦しい型取りは行いません

歯科治療でつきものの「歯型の型取り」。
これが苦手な方が多くいらっしゃいます。

当院では新しく「光学印象装置(トリオス)」を導入したことで、従来のように大きな型取り装置をお口に入れる工程は行いません。そのため、嘔吐反射が強い方には、とても喜ばれています。

トリオス

また、この装置は3Dでお口の状態を隅々までスキャンできるため、従来の型取りと比較し「精度高く」口の状態を把握できますので、できあがってくる被せ物の精度も高まります。その他、この3Dデータを患者様にお口の状態を理解していただくためにも利用しています。

創造した美の「長期安定」~保存/歯周病の認定医/専門医が在籍

セラミックの被せ物や詰め物を利用した審美セラミック治療。
あなたの「理想」とする歯の色を手に入れることができます。

ドクター

しかし、一過性の美、であっては意味がありません。
継続性のある美、これが患者様の本当に求めるものだと思います。

専門家の立場から申し上げると、「一過性の美」がよく見受けられます。

白い被せ物を装着するのは、歯科医師であれば誰でもできます。しかし、「審美性と機能性、そして継続性のある美」を創造することは誰でもできることではありません。

審美性の長期的安定のために当院が取り組んでいることご紹介します。

お口の健康を守る「専門家」が在籍

歯科医師や歯科衛生士の中でも上位資格が存在します。
当院には日本歯科保存学会「認定医」日本歯周病学会「専門医」日本歯周病学会「認定歯科衛生士」が在籍しています。どの資格も、一定の基準を超えなければ取得できないものとなり、歯の健康や審美性を守る治療のスペシャリストです。

日本歯科保存学会「認定医

認定医

保存歯科とは、治療後、審美性と機能性を長期的に維持させることを目的とした分野です。その分野の上位資格を保有するドクターが在籍しています。

日本歯周病学会「専門医/指導医」/日本臨床歯周病学会「認定医」/日本臨床歯科補綴学会「専門医

専門医/指導医

補綴そして、歯周病治療に長けたドクターに付与される資格です。
歯周病は歯を失うだけでなく、口元の審美性を損なわせる病気でもあります。

日本歯周病学会「認定歯科衛生士

予防・歯周病治療の専門職である歯科衛生士の上位資格がこの資格です。
当院には2名の認定歯科衛生士が在籍しています。

  • 認定歯科衛生士
  • 認定歯科衛生士

最後に:美に対する患者様の「想いに応える」

カウンセリング

他院で審美的な治療をしたが、納得いかないので再治療してほしい」という依頼が当院には多くあります。

院長

歯科医院側にも色々な事情があると思いますが、「コンプレックスを改善したい!」「自分を変えたい!」と覚悟をもって来院される患者様に対し、誰が見ても バランスが悪い治療をするのはいかがなものかなと思います。

当院の審美治療におけるコンセプトは「確立された美の創造」、そして「創造した美の長期安定」 の2つです。

他院での治療に納得のいっていない方、もっと上位の審美性を追求したい方。
まずはご相談ください。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

〒133-0052 東京都江戸川区東小岩1-4-4

電話03-5668-8140

  • メール相談
  • web予約

page top