メール相談 Web予約

〒133-0052 東京都江戸川区東小岩1-4-4

03-5668-8140

キービジュアル

睡眠時無呼吸症候群/
SAS・O-SA(サス・オーサ)

  • いびきがうるさい
  • 日中に眠気やだるさを感じる
  • 睡眠時に息苦しさを感じて
    目覚めてしまう
  • 睡眠時、呼吸が
    止まっていると言われる

上記の症状に思いあたる人は、
睡眠時無呼吸症候群の
可能性があります。

睡眠時無呼吸症候群/SAS(サス)とは?

院長

睡眠時無呼吸症候群(SAS:Sleep Apnea Syndrome)とは、睡眠中に無呼吸の状態になる病気です。一般的に無呼吸とは、10秒以上の呼吸停止と定義され、この無呼吸が1時間に5回以上または7時間の睡眠中に30回以上ある方は睡眠時無呼吸症候群と診断されます。

睡眠中に舌等が弛緩し、一時的に気道が閉塞されるために呼吸が停止するのが、睡眠時無呼吸症候群のメカニズムです。

閉そく性睡眠時無呼吸症候群が生じる原因

閉そく性睡眠時無呼吸症候群となってしまう原因には下記があります。
どれも「気道」を狭くしてしまう要因です。

  • 肥満
  • 顎の大きさ
  • 鼻閉(びへい)
  • 加齢
  • 飲酒
  • 睡眠薬等の服用

つまり、上記に関して、ご自身で改善できるもの(肥満等)は改善して頂きながら、当院では「スリープスプリント」を用いた治療法と、耳鼻咽喉科での受診の推奨の他、「顎顔面矯正」という治療法をご提案しております。

スリープスプリント

スリープスプリント

一般的な装置としてマウスピースのような装置(スリープスプリント)を使い、睡眠中の気道を確保します。保険適用で作成できるのが最大の利点ですが、しゃべりにくい水が飲めない・装着時の違和感が大きく、また下顎の前方移動量の微調整が困難であることが欠点です。

ソムノデントMAS

また、保険適応にはなっていませんが、上記の問題をほぼ解決したスリープスプリントもご用意しております(ソムノデントMAS)。これは、フルオーダーメイドですので装着時の不快感や拘束感は大幅に軽減されます。もちろん自由に開閉できるため、装着時に会話やあくび、水を飲むことなども可能です。

「顎顔面矯正」と耳鼻咽喉科での治療

閉そく性睡眠時無呼吸症候群が生じてしまう原因として、先ほど「顎の大きさ」「鼻閉」を一例として記載しました。具体的には下記になります。

「顎の大きさ」

顎が小さい人は、筋肉や脂肪が入る器も小さいため気道のスペースが狭くなる傾向がある。

「鼻閉」

鼻開(鼻ずまり)によって鼻呼吸ができなくなるので、どうしても口呼吸になります。そうなると、喉の粘膜が肥厚し、より気道が狭くなって無呼吸が起こりやすい状態になります。

装置

顎顔面矯正ではこれらの問題を根本的に改善する治療法です。
簡単にお伝えすると、上顎の正中口蓋縫合と呼ばれる部分を拡大させることで、顎の大きさを拡大でき、鼻腔も広げることになるので上記の問題の解決になります。また副次的効果で「歯並び」も改善できますので、患者様には非常に喜ばれています。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

〒133-0052 東京都江戸川区東小岩1-4-4

電話03-5668-8140

  • メール相談
  • web予約

page top

【新型コロナウイルス対策について】

~患者様へご協力のお願い~

発熱や咳、倦怠感がある場合または、身近に感染された方がいらっしゃる場合は、ご無理をなさらずキャンセルのご連絡をいただきますようお願いいたします。

TEL:03-5668-8140