メール相談 Web予約

〒133-0052 東京都江戸川区東小岩1-4-4

03-5668-8140

キービジュアル

血液中の酸素量UPがいい睡眠につながります

2024年04月13日

こんにちは、小岩にある歯医者さん 新井歯科でございます。

4月も間も無く中旬となり、暖かい気候の日が続いておりますね。

新年度を迎え新生活も始まった方も多いかとは思います。

疲れた時はぐっすり寝たいものですね🛌

血中酸素飽和度は、「体の中の動脈にどれくらい酸素が含まれているかを

表す数字」です。

通常、起きている時の血中酸素飽和度は95-99%で、

睡眠中は95%ほどに下がります。

血中酸素飽和度が90%を下回ると呼吸不全の状態になり

脳に十分な酸素が届かなくなります。

口呼吸をすると吸い込める空気(酸素)が減りますが、

寝ている時の口呼吸では酸素飽和度が90%より下回るというデータもあるそうです。

なのでもし、自分が夜間寝ているうちに口呼吸がある方は

マウステーピングをしてもらうと

 

口呼吸になることを防げるのでいい睡眠ににつながりやすくなります。

寝たのにすっきりしない方はぜひ一度試してみてください

ミュータンス菌による肺の血栓形成が、、、

2024年04月8日

 

こんにちは、小岩にある歯医者さん
新井歯科でございます。

今回は、気になる記事を読んだのでここに
皆様に知ってもらえたらと思い載せていきます。
ぜひお時間のある時、読んで下さい😌

北海道大学大学院研究院の樋田京子教授、
ユ・リ博士研究員と藤田医科大学の研究グループは、
ミュータンス菌により肺の血栓形成が誘導され、
がん転移を促進することを見出したとのこと。

歯周炎があると口腔内細菌が血中🩸に
循環しやすくなることから、
がん患者の口腔衛生管理は
誤嚥性肺炎の予防のみならず、がん関連血栓症や
転移の抑制にも繋がる。
ひいては、がん患者の生存率向上に
つながるかと思うとの記事でした。

この事も踏まえて、口腔内の予防が
全身の予防に繋がると改めて実感した次第です。
皆様も、ぜひ定期的な歯医者さんの
受診を心掛けていただければと思います

巷で噂される歯の話のウソ・ホント

2024年04月2日

 

こんにちは。小岩にある 歯医者さん 新井歯科 でございます。

 

春の訪れを感じ、
新たな始まりに心おどる季節となりました。

 

さて、4月1日は皆さんもご存じの
エイプリルフールです。
この日だけは
「罪のないウソならついてもいい」
ということで、
周囲を楽しませるユニークなウソに
考えをめぐらす方もいらっしゃるでしょう。

 

歯に関する話題や噂のなかには
ウソとは言えないまでも、誤解を招くものや、
不正確な情報が広まっているものが存在します。

 

そこで今回は、
世間で広く信じられている歯の話題を、
医学的な観点から検証していきたいと思います。

 

 

 

 

◆「甘いもの」を食べなければ
 むし歯にならない?

 

大人が小さな子どもに
「甘いものばかり食べていたらむし歯になるよ!」
注意するシーンは
昔からよく見られる日常の一コマです。

 

このような過去の経験から
「甘いもの=砂糖の入った食品を食べなければ
むし歯にはならない」と考える方も
少なくありません。

 

しかし、むし歯の原因になる糖は
ご飯やパン、うどん、果物など、
身の回りにある多くの食品に含まれています。

 

そして、そのどれもが
むし歯を起こす原因となりうるのです。

 

 

 

また、むし歯予防においては
糖分を摂りすぎないことも大切ですが、
それ以上に食後の歯みがきを
習慣づけることが効果的です。

 

 

 

 

◆乳歯は抜けるから
 むし歯になっても問題ない?

 

乳歯は12歳ごろまでに自然に抜け落ち、
永久歯に置き換わることから
「むし歯になっても大丈夫」と
思っている方も少なくないようです。

 

しかし、乳歯のむし歯は子どもの健康や
発育に悪影響を及ぼすため注意が必要です。

 

 

たとえば、乳歯がむし歯になって
食べものがうまく噛めないと、栄養が偏ったり、
あごの骨の正常な発達を妨げたりする恐れがあります。

 

さらに、乳歯は永久歯が正しい位置に生えるための
重要な目印であるため、
むし歯によってその形が変わると
永久歯の歯並びが悪くなることもあります。

 

子どもの健やかな発育のためにも、
幼い時期からむし歯予防に努めることは
非常に重要です。

 

 

 

 

◆歯みがきは強く磨くほど
 歯がキレイになる?

 

お口の中がネバついたとき、汚れを落とそうとして
ゴシゴシと強めに歯を磨いてしまったこと
ありませんか?
確かに、力強く磨いた後はネバつきも取れて、
一時的な爽快感を得られるかもしれません。

 

しかし、このように
力を入れた歯みがきを長く続けると、
歯の表面が削れたり、
歯ぐきが痩せて歯が長く見えたりするなど、
さまざまなトラブルを引き起こしてしまいます。

 

さらに、強く磨くと歯ブラシの毛先が
すぐに広がりやすく、
結果的に汚れの除去効率が落ちてしまうため
こちらも注意が必要です。

 

歯みがきの適切な力加減は150g~200g程度です。
強く力を入れるよりも、
軽い力で小刻みにブラシを動かすほうが
細かいすき間汚れまで
効果的に落とすことができます。

 

まずは歯医者さんで、
自分にあったブラッシング法を指導してもらいましょう。

 

 

 

 

◆定期的に通院して
 正しい情報をチェックしよう!

 

世間でまことしやかに語られる
歯科の情報のなかには不正確なものも多く、
昔は正しいと言われていた情報が
現在では否定されていることも
少なくありません。

 

 

 

そして、そのような誤った情報は
口内環境の悪化を招くリスクもあります。

 

お口の健康を守るためにも、
定期検診などで正しい情報を入手して、
適切な対処法を実践していきましょう!

 

 

 

医療法人社団 伸治歯整会 新井歯科
〒133-0052 東京都江戸川区東小岩1-4-4
TEL:03-5668-8140
URL:
https://www.araidental.com/
Googleマップ:https://g.page/r/Cf8R8D3VApO9EAE

 

4/1 新年度となりました

2024年04月1日

こんにちは、小岩にある歯医者さん新井歯科でございます。

今日から新年度がスタートし、新生活を迎えられる方も多いのではないでしょうか

当院も、新しい歯科医師1名、歯科衛生士3名が入局いたしました。

フレッシュな風を当院に運んできてくれております。

ぜひ、見かけた際にはお声掛けいただければ幸いでございます。

何卒よろしくお願いいたします。

3月も後半に入りまして

2024年03月23日

こんにちは、小岩にある歯医者さん 新井歯科でございます。

3月も下旬に入りましたが寒い日も続いておりますね。

季節の変わり目は体調崩しやすいのでご自愛ください

(ブログ担当は先日、人生初の胃腸炎にかかりまして辛かったです)

さて話は変わりまして今日も歯科用語のお話で。

 

「プラーク」最近の塊のことでバイオフィルムとも呼ばれる。

歯周病の大きな原因の一つ

 

「根面う蝕(こんめんうしょく)」歯茎の退縮で、露出した歯根にできる虫歯。

唾液の減少も原因となり、高齢者に多いと言われている。

 

「歯根破折(しこんはせつ)」歯根にヒビが入り割れること。

歯の保存は困難となります。

 

「歯髄(しずい)」歯の神経。根幹を満たす。歯髄が生きている歯は生活歯、

歯髄が失われた歯は失活歯(しっかつし)という。

 

「歯髄炎(しずいえん)」虫歯が進行して歯髄におこる炎症のこと。

ほとんどの歯の痛みは歯髄炎によるものとされています。

 

体調崩さないように皆様お気をつけくださいね😭

 

味がある歯固め&手づかみ食べ

2024年03月11日

こんにちは、小岩にある歯医者さん 新井歯科でございます。

前回は、歯固め手づかみ食べが口機能を鍛えられる事をお話ししていきましたが

今回は具体的にはどのような作用があるかお話しさせていただきます🙂

 

①目と手と口の協調運動になる

赤ちゃんは「目で見て」「手で持って」「口に入れる」ことを

同時に行うどころか、手や口が自分の体の一部であることを

認識しておりません。何かを見つけて手が触れて繰り返し口に持っていく事で、

体を認識し、自由に同時に行えるようになっていきます。

 

②鼻呼吸になる

授乳中の赤ちゃんは鼻呼吸です。母乳やミルクを飲んでいるときは、

口では息ができません。同じように自分で何かを舐めたりしゃぶったりして

いるときも、鼻呼吸をしています。

 

③唇の閉じる力がアップ

唇で加えますから、閉じる力が発達します。

 

④下の力のアップ

味があるとチュパチュパと口や舌が動きます。

それによって舌や唇の力が発達します。

 

⑤飲み込む力のアップ

舌が動くと、お口の中には唾液がどんどん出て来ます。

すると唾液をごっくんと飲み込みます。何度も飲み込むことが

嚥下のトレーニングになります。

 

⑥奥へ押し込まない事を学ぶ

繊維質が多く大きなかたまりの食べ物でああれば、誤飲することは

ありません。喉の奥で「おえっ!」となっても、自分の手で

持っていればそれ以上押し込んではいけないという、赤ちゃん自身の学びにつながります。

 

以上6点がおおよそ、良いところとなります。

ぜひこれを念頭にうまく、取り入れてみてください😀

1部歯ブラシが値上げします

2024年03月9日

こんにちは、小岩にある歯医者さん 新井歯科でございます。

最近は三寒四温のような気候が続いておりますね😂

花粉も満載ですね、、🌸花粉症の方、

乗り越えた行きましょうね🥹

 

さてタイトル通り、

誠に心苦しいのですが来たる3/22より

大人タフト、仕上げ磨き用の歯ブラシのマミー17

それぞれ160円に値上がりさせていただきます🙇‍♀️

(現在は150円)

メーカーの原材料高騰による価格変更に伴い

当院での販売価格も、変更させていただきます。

 

 

ご迷惑おかけしますが

何卒ご理解賜りますようにお願い致します🙇‍♀️

 

「マスクを外した時も」口元で変わる見た目の印象

2024年03月4日

 

こんにちは。小岩にある 歯医者さん 新井歯科 でございます。

 

3月は新生活への準備が始まる時期。
新しい出会いや挑戦に胸を躍らせる一方で、
初対面の人たちとの交流に
不安を感じている方も多いのではないでしょうか。

 

そんな皆さんに、
新生活の準備としておすすめしたいのが
「お口のメインテナンス」です。

 

今回は口元が相手に与える印象と、
その改善方法についてご紹介していきます。

 

 

 

 

◆「笑顔」と「白い歯」で
 第一印象をアップ!

 

「他人がマスクを外したとき、
外す前と印象のギャップを感じた」
このようなシーンは、コロナ禍において
多くの方が経験されたことでしょう。
このことは、口元の印象が
いかに大きな影響を与えるかを物語っています。

 

では、口元のどこで人の印象が変わるのでしょうか。
これについては、次のような興味深いデータがあります。

 

大手生活用品メーカー「ライオン」が
実施したアンケートによると、
対象となった女性400人のうち、
約9割が第一印象の良い人を
「笑顔の素敵な人」と回答しています。

 

さらに、「歯の白さが人に与える印象」に関する調査では、
同一人物でも歯が白いほうがより親しみやすく、
清潔な印象を与えることが明らかとなりました。

同調査ではさらに、
白い歯が「若々しい」「肌がきれい」といった
イメージアップにつながることも示されています。

 

これらのデータからも、
口元が人の第一印象に大きな影響を与えること、
さらに自信に満ちた笑顔や白い歯が
好印象を与えることがわかります。

 

 

 

 

 

◆まだ間に合う?
 歯科でできるお口のメインテナンス

 

とはいえ、
「これから歯科に通って、
どの程度改善できるのだろう」
疑問を持たれる方も
いらっしゃるかと思います。

 

実際には効果に個人差はあるものの、
歯科のケアを受けることで
さまざまな改善が期待できます。

 

たとえば、歯の黄ばみや汚れが気になる場合は、
歯科のクリーニングで
プラークや歯石、着色汚れなどを取り除いて、
歯がもつ本来の白さとツヤを
取り戻すことが可能です。

 

また、むし歯による歯の変色も、
歯科治療によって改善することができます。

 

 

 

これに加えて、
意外と見落とされがちな
「歯ぐき」のケアも重要です。

本来の健康的な歯ぐきは
ピンク色をしています。

白い歯を引き立て、
華やかな印象を与えてくれますが、
歯周病になると赤く腫れてしまい、
見た目の印象も変わってしまいます。

 

健康的なお口を維持するためにも、
こうした「見た目の異変」に気づいた際には
早めの受診をおすすめします。

 

 

 

 

◆お口のメインテナンスで
 新たな出会いに笑顔と自信を

 

マスクを外す機会が増えるなか、
自分の口元に自信がなく、
新たな出会いに不安を感じている方も
少なくありません。

 

当院では、
そういった皆さんのために
一人ひとりの
お口の状態に合わせて
さまざまなサポートを行っています。

 

 

 

「口元の印象を改善したい!」
などお悩みの方は、
いつでもお気兼ねなくご相談ください。

 

春の新しい門出を前に、
自信の持てる口元・笑顔を
私たちと一緒に目指していきましょう。

 

 

 

医療法人社団 伸治歯整会 新井歯科
〒133-0052 東京都江戸川区東小岩1-4-4
TEL:03-5668-8140
URL:
https://www.araidental.com/
Googleマップ:https://g.page/r/Cf8R8D3VApO9EAE

 

口トレは、乳児期から日常生活で行なっていきましよう

2024年03月4日

こんにちは、小岩にある 歯医者さん 新井歯科でございます.

ついに3月に入りました🍡

雛祭りも終わってしまってあっという間の日常ですが

お元気でしょうか??

ブログ担当は死ぬほど花粉に見舞われており

涙と鼻水が止まらない思いをしております。。🤣

免疫力上げるように体温とか上げるように努力してますがなかなか

うまくいかないものですね> <

花粉症の皆さんも一緒にこの季節を乗り切りましょうね!!

 

さて、前振りが長くなってしまいましたが

今回からは

“口トレ(くちとれ)”についてお話しさせてください。

歯が生えてきていない時期から大きくて繊維質の多い食べ物を。

いわゆる“歯固め(はがため)”として使用口トレをすることが望ましいとされています。

食べ物の歯固めには、当然味があるものなので赤ちゃんは自分でお口にもっていき

唇や舌を使って舐めたりしゃぶったりします。

これによってお口の機能をしっかり鍛えていけるのです。

そして舌や唇を十分発達させた後に歯が生え、それまでに

身につけたお口の機能で噛むようになって来ます。

 

次回は、歯固め、手づかみ食べの良いところをお伝えいたします!

また雪予報ですね

2024年02月21日

こんにちは、小岩にある歯医者さん 「新井歯科」でございます。

今週また金曜、日曜あたりが雪予報が出ておりますね。。。☃️

降らないといいなぁとおもいつつ、ちょっと楽しみでもありますが

23日は祝日なので、2/22(木)は予約制ではございますが

当院は振替診療いたします。

ご予約の方は、木曜ですが診療しておりますので

何卒よろしくお願いいたします☺️

色んな事がありますね。

日常というのは。

なんとかはを食いしばって生きていますが

無理はしてはいけないと思います。

雪の日、皆様お気をつけてお越しいただきまして

何かお困りごとありましたら

ご来院前にお電話いただきますようにお願いいたします。

 

 

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話しして頂けたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

〒133-0052 東京都江戸川区東小岩1-4-4

電話03-5668-8140

  • メール相談
  • web予約

page top